英語学習-「自分が発音が出来ないものは聞き取れない」はウソ

どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0
 
 
これは本当によく聞きますね。
これを言っている人の提唱する勉強法は、「ひたすらシャドウイング」です。
 
シャドウイングを繰り返してネイティブのように発音できるようにしようなぜなら自分がネイティブ発音できないものは聞き取れないのだから。
という考えの下にシャドウイングを薦めているんだと思いますが、ここで疑問に思うのが、本当に発音できないものは聞き取れないのでしょうか?
 
 
例えばここに「耳は聞こえる。だけど会話をすることができなくなってしまった」と言う人がいたとします。もし上の説が正しいとすれば、その人はこれ以上新しい言葉を聞き取れるようにはならないことになります。発音はできませんからね。ですが、、、
 
そんな訳ない!ですよね(^^;
 
 
ここから僕の考えになりますが、「自分が発音できないものは聞き取れない」というのはかなり誇張した表現で、英語初心者を混乱させてしまう危険性があると思います。
ですので今日僕が伝えたいのは、 ネイティブ発音ができなくても、「単語を聞きとる」「意味を理解する」この2つがちゃんとできればリスニングはできるということです。

シャドウイングは意味のない学習法なのか?

シャドウイングは英語力アップに効果的な勉強法の1つであることは間違いないと思いますが、あまりシャドウイングを意識しすぎると、上で述べた「単語を聞きとる、意味を理解する」という当の目的そっちのけで、ただネイティブスピードで発音できるようになるための早読み練習になってしまう可能性があります。これだけは絶対に避けなければいけません。
 
 
シャドウイングとは、本来ネイティブと同じスピードで話せるように矯正することを目的とした勉強法です。
これはスピーキングの練習です。ですので、これをリスニング学習に使うと、学習の過程でリスニングの勉強から脱線せざるを得ない箇所が出てくるんです。本来はスピーキングの勉強法だからです。
 なのでリスニング力を上げることが目的ならば、シャドウイングより効果的な学習法があると僕は考えます。

ではなぜシャドウイングをリスニングの勉強に取り入れることを提唱している人が多いのか。その狙いは「追読みを行うことで、全ての単語を完璧に聞き取れるようにするため」だと思われます。簡単に言えば、自分も音声に付いて読むことで、「単語を1音1音確認するため」に行うのです。ですが音の確認だけなら、音声を繰り返し聞くだけでも十分です。それだけでもリスニング力はupしていきます。もしシャドウイングを行うのでしたら、音を確認することのみを目的に行い、決してネイティブのように完璧に発音できるようになろうなんて思わないでください。
 
 

ではリスニングに最も効果を発揮する勉強法とは何か?

リスニングにはやはり「大量にいろんなフレーズを聞くこと」と「清聴すること」、この2つが核となる勉強法になります。そしてこれらの勉強をするにあたって、映像付きのものを使用して勉強を行うと、効率の良いリスニング学習法ができます。
 
 
ここでシャドウイング行わない場合のリスニング学習の流れを見てみましょう。
 
シャドウイングを行わず、「清聴のみ」でリスニング勉強を行った場合だと
音声を聴く →  分からない箇所を日本語訳を見て理解する →  英文を見ながら音声を聴く →  スピードについていけない箇所を何度も聴く
 
この4ステップでおしまいです。
 
 
これに「完璧に発音できるようにシャドウイングを繰り返す」というステップを加えると
上のステップに加えて、ネイティブを同じスピードで発音しながら、意味も理解できるようになると言う作業が新たに加わります。これだけで、相当難易度は高くなりますし、時間も大幅にかかってしまいます。たった数分程度の会話文でも完璧にシャドウイングしようとすれば、TOEIC500点レベルの人でも1時間くらい平気でかかってしまいます。


※ここで心に留めておいて頂きたいことがあるのですが、
そもそも発音を完璧にできる人やネイティブのスピードで話せる人なんて、そうそういません。TOEIC900点の人でもスムーズに日常会話ができない人はたくさんいます。ですので、この「発音できない音は聞き取れない」という言葉を信じてシャドウイングに躍起になっている人は一度手を止めて、本当に自分にとって効率的な勉強になっているのか考えてみましょう。

ではリスニングができない原因は何?

 
リスニングができないというのは、単純に会話に出てくる単語やフレーズが聞き取れないと言うことになります。
ではどういう単語、フレーズが聞き取れないものなのか、下にあげていきたいと思います
  • 意味を知らない
  • 発音を知らない(発音できないのではなく、知らない)
  • その単語をものにできていない
  • 早く発音したver.を聞いたことがない

この4つです。

意味を知らない

これは単純に単語の意味を知らないというものから、「bring out」や「work out」などの動詞句になると意味が分からないというモノまであります。これは暗記するしかありません。

文法が分からない

文法の知識がないと、丸々暗記している文でない限り、会話文は聞き取れません。単語さえ分かればリスニングはできるという意見を聞くことがありますが、例え知っている単語数が1万個あったとしても、「仮定法」という文法を知らない人は、「仮定法の会話文」を聞き取ることはできないでしょう。
ですので英文法の知識は、短期間でリスニング力をあげるために必須です。
 
また、文法の知識があっても、会話のスピードになると理解できなくなるものが出てきますので、そういったフレーズはスクリプトを精読して文法的に理解できるようにしましょう。そうすることで、会話のスピードで理解することのできる文法が増えていきます。

発音を知らない

これは単語の発音自体を知らないものと、リエゾンなどによる音の変化が分からないというものがあります。
これは発音の勉強をするしかありません。1週間もあれば発音の知識は身につけれますのでぜひ参考書で勉強してみてください。
 
※リエゾンやおススメの発音参考書、詳しい発音事情などが知りたければ↓の記事を読んでみてください

その単語を自分のものにできていない

これはどういうことかというと、
その単語やフレーズが使われるシチュエーションをよく知らない、実際に視聴したことがないために、突然その単語が流れてきても瞬時に理解できないのです。
ただ知識として頭にあるだけの単語やフレーズを、会話スピードで聞き取ることは難しいのです。
 
 
例えば”insert「挿入する」”という言葉があります。この insert の使い時って瞬時にイメージできますか?
 
BIG BANG THEORYという海外ドラマのワンシーンにこんなセリフが出てきます。

Sheldon:「 I read an article about Japanese scientists, who inserted DNA from luminous jellyfish into other animals, and I thought hey, fish nightlights.」

ここでは「発光クラゲのDNAを他の動物に移植したある学者」という意味で使われています。

こうやって実際にinsertが使われているところを見たり、聞いたりすると、insertが使われるシチュエーションの情報が頭の中に1つストックされるわけです。これによりinsertを聞き取れる可能性が1レベル上がるのです。
これは本で読んだりすることでもストックされていきますが、映像があり音声でフレーズを聞くことのできる勉強の方がリスニングには効果的です。
ですのでこの場合は、dvdを使った学習や、英会話などが効率よい勉強になるといえます。
 

早く発音したver.を聞いたことがない

これは同じ単語でも早口で話すのとゆっくり話すのでは全く違う音に聞こえます。例えば日本語で「腹減ったー」というのを早口で言ってみてください。「腹」がほとんど聞こえないぐらい短くなりますよね。僕たち日本人からしたら、これでも簡単に聞き取れますが、外国人からしたら全く別の単語に聞こえると思います。これと同じことが英語でも起こっているんですね。
 
これは「大量にリスニングする」、「スピードが早すぎて何言ってるか分からないフレーズを大量に聴解する」
ことで慣れていくしかありません。聴解するときは、意味を追うことを考えず、単語を完璧に聞き取ることに集中してください。音に全神経を向ける感覚です。
 
 

以上の4つに対処できればリスニング力が上がるということになります。
では以上の4つに対処するための勉強をまとめるとこうなります。
 
  • 単語の暗記
  • 文法の勉強
  • 発音の勉強
  • 多聴、精聴、聴解を大量に行う (dvd学習や英会話学習が効率的)

以上の学習を行うことで、リスニング力は上昇していきます。

ですので、リスニング能力を上げるために、わざわざシャドウイングを行い、完璧に会話を再現できるようになる必要はないのです。シャドウイングに使う時間を「スコアアップのためにより優先すべき他の勉強」に当てましょう。

ちゃんとリスニングできているか確認する最も有効な方法

会話を聞いている時に、瞬時に意味が理解できているかを確かめる良い方法があります。
それは、「聞こえてくる言葉を、体や表情を使って片っ端から表現すること」です。
※以後、表現確認法とすることにします
 
 
実際にやっていただけると分かるのですが、意味を理解できない、もしくは瞬時に理解できない言葉は、表現することができないのです。
 
 
例えば「See you」というフレーズ、瞬時に手で表現することできますよね?
それは言葉の意味だけでなく、そのフレーズが使われるシチュエーションやその時の感情などを完全に理解しているからです。リスニングができるようになるということは、こういうフレーズや単語をどんどん増やしていくということなのです。
 
※もう少し詳しいやり方を↓の記事で書いていますので気になる方は見てみてください
アリアナ・グランデでTOEICスコアアップ? お気に入りの洋楽で英語を勉強する方法
 
 
 

※ポイントとして
単語1つ1つを表現する必要はありません。どうしても表現できない単語もありますので。(工場とか)。会話がちゃんと聞き取れていれば、その時の心情なども理解できますので、それを体で表現したりします。例えば「I dont wanna let you go」というフレーズなら、首を横に振って「あなたを離したくない」という苦しい感情を表したりするわけです。手を使ってもでも表せそうですね。表現方法に正解はありませんので、自分の思うように体を動かしてみてください。
 
 
この表現確認法を行っている最中に、「今のところ全く理解できなかったな」という箇所が出てきたら、日本語スクリプトをもう一度精読して、体で表現できるようにしてください。

 
 
 
リスニング学習を現在行っている方は分かるかと思いますが、日本語訳を見た後に英文を聞くと、「本当に英語として理解できているのか」「日本語訳を読んだから理解できるのか」分からない箇所が出てくるかと思います。そういう時にぜひこの方法を使ってみてください。ちゃんと英語で理解できているなら、体をつかってその言葉の意味やその時の心情を表現することができるはずです。
 
 
 ※そして注意して頂きたいのが、完璧は絶対に求めないでください。
 

最後に

英語が聞き取れるかどうかは、発音できるかどうかではありません。

重要なことは

その単語、フレーズを

  • 知っているかどうか           
  • 瞬時に理解できるぐらい慣れているかどうか

です。

この記事が現在リスニング勉強をしている英語学習者のためになればと思います。

それでは皆さん今日も勉強頑張ってくださいね

See ya:)

P,S

なぜ僕がここまでいうのかというと、実は僕自身この噂を真に受けてシャドウイング練習ばかりやっていた時期があります。当時、「これは本当に最も効率がよいリスニング学習なのだろうか」と疑問を抱きながら行っていました。今だから言えることは、シャドウイングでリスニング力が付いたとはあまり感じません。その後に始めたDVD勉強や、外国人とのチャットによってリスニング力が最も伸びたように感じます。僕個人の感覚では激変というレベルです。今までは必死で理解しようとリスニングしていましたが、理解しようとするのではなく、言語としてすんなり頭の中に入ってくるような感覚になりました。

ですので僕個人がおススメするリスニング力アップ勉強法は、「DVD学習」「実際に英語で会話やチャットをする」、また「TOEICリスニング問題集を大量に解きまくる」です。


↓この記事がお役に立ちましたらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. もっちょ より:

    >例えば「I dont wanna let you go」というフレーズなら、首を横に振って「あなたを離したくない」という

    ということは、マライアのように動きながらそれを言えばいいわけですね笑

    ネタがわからなければ容赦なくつっこんでやってください笑

    • hatao より:

      あはは(笑)僕もマライア好きですよ:)
      そうです!マライア張りに感情を表現できる箇所が意味を瞬時に理解できる箇所です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。