TOEICを初めて受験される方へ ~ TOEICテスト形式をまとめてみた

どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

今日はTOEICを初めて受験される方のためにTOEICのテスト形式と、受験の際の注意事項などをまとめましたので、ぜひ参考にしてください

TOEICテストの形式

TOEICでは問題や解答方法の説明が全て英語でアナウンスされます。問題用紙に書いてある説明も全て英語です。初めて受験される方にとっては問題をどう解いていいか戸惑われる方もおおいかと思いますので以下を読んで万全の状態で試験を受けてください。

解答形式

マークシート方式

PART1,3,4,5,7は選択肢ABCDの4つから選ぶ

PART2,6は選択肢ABCの3つから選ぶ

※当てずっぽうでも適当にマークすれば正解できる可能性が高いので、わからくてもとりあえず全問マークはしましょう。(TOEICは1問=約5点計算 なので、適当にマークしても点数が100点近くかわることもあります。)

問題形式

セクション

TOEICテストは大きく分けて以下の2つのセクションに分けることができます。

リスニングセクション

45分、100問

リーディングセクション

75分、100問

 


パート

前項で説明したセクションは7つのパートによって構成されています。

リスニングセクション・・・45分、100問
PART1 写真描写問題 10問
PART2 応答問題 30問
PART3 会話問題 30問
PART4 説明文問題 30問
リーディングセクション・・・75分、100問
PART5 短文穴埋め問題 40問
PART6 長文穴埋め問題 12問
PART7 読解問題 48問

リスニングセクション・・・45分、100問

リスニングセクションは4つのパートから構成されています。このセクションでは英文を聴いて解答していきます。

PART 1

写真描写問題・・・10問

1枚の写真について4つの短いナレーションが流れてきます。4つの中からその写真について正しい説明がなされているものを選択してくださいという問題形式です。※例題が1問流れます。

※PART1の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

PART 2

応答問題・・・30問

1つの文が流れ、その後に、その文に応答する3つの文が流れます。応答文としてふさわしいものを選択してくださいという問題です。※例題が1問流れます。

※PART2の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

PART 3

会話問題・・・30問

2人の会話を聞いた後、設問に答えると言う形式の問題です。会話は1問あたり大体30秒程度です。問題用紙には設問文と選択肢が記載されています。1つの会話に対し、設問は3つです。そしてそれぞれの設問に4つの選択肢があります。※このパートでは例題が流れません。

※PART3の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

PART4

説明文問題・・・30問

30秒くらいの説明文(機内アナウンスやニュースなど)を聞いた後、設問に答えるという形式の問題です。問題用紙には設問文と選択肢が記載されています。1つの会話に対し、設問は3つです。そしてそれぞれの設問に4つの選択肢があります。※このパートでは例題が流れません。

※PART4の例はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

リーディングセクション・・・75分、100問

リーディングセクションは3つのパートから構成されています。このセクションでは英文を読んで解答していきます。

PART 5

短文穴埋め問題・・・40問

文の一部が穴あき状態になっていて、その空所にふさわしい語やフレーズを4つの選択肢から選ぶと言う問題です。

※PART5の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

PART 6

長文穴埋め問題・・・12問

比較的長い文章(手紙やメールなど)の中に3つ空所になっているところがあり、そこにふさわしい語やフレーズを4つの選択肢から選ぶと言う問題です。

※PART6の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

PART 7

読解問題・・・48問

手紙や広告、表などを読んで設問に答える問題です。

このパートでは、シングルパッセージダブルパッセージの2パターンの問題形式があります。
シングルパッセージとは問題文となる手紙などが1つの形式。ダブルパッセージとは問題文となる手紙などが2つの形式の形式です。例えば、ある人が広告を見てその広告主にメールを送った場合などのシチュエーションで、このダブルパッセージがつかわれます。

シングルパッセージが28問ダブルパッセージが20問です。また、前半がシングルパッセージ後半がダブルパッセージという風に別れています。

※PART7の例題はこちらから→ TOEIC公式サンプル問題

試験当日のスケジュール

11:45~12:30 受付
12:35~13:00 試験の説明・音テスト
13:00~15:00 試験開始~試験終了
15:00~15:15 問題用紙・解答用紙の回収
15:15(予定) 解散

※公式サイトより引用

 

受験日に必要なもの

  1. 受験票
  2. 証明写真1枚
    • 規定を満たした証明写真をご用意ください(カラー・モノクロ共に可)。

      証明写真はモノクロで公式認定証に印刷されます。

    • 裏面に「氏名」と「受験番号」をご記入ください。
    • 受験票の証明写真貼付欄に貼り付けてください。
  3. 公的に自己を証明する写真付の本人確認書類(有効期限内のもの)
    運転免許証・学生証・社員証・パスポート・住民基本台帳カード
  4. 筆記用具
    HBの鉛筆(またはシャープペンシル)、プラスチック消しゴム
  5. 腕時計
    • 試験中に時刻のアナウンスはいたしません。
    • 腕時計以外のもの(携帯電話・置時計・ストップウォッチなど)を時計として使用することはできません。

※公式サイトより引用

ここで1つ注意点を言います。

筆記用具は必ず鉛筆にしてください。

なぜかというと、シャープペンシルではマークを塗りつぶすのに時間がかかってしまうからです。TOEICはただでさえ厳しい時間制限の中で問題を解いていかないといけません。1秒すら惜しいのです。基本的には問題をすべて解き終えることはできないと思ってください。僕が700点をとった当時でも10問は解けませんでした。そのぐらい時間が短く、だからこそ時間にはシビアにならないといけないのです。鉛筆の芯の先をあらかじめ潰しておくのも有効です。

また、「いつの間にか試験終わっちゃった 😛 」なんてことにならないよう、時計も必ず忘れないようにしてください

禁止行為

いくつかあるのですが、うっかりやってしまいそうなものだけ挙げると、

  • 試験用紙へ書き込みをしてはいけない
  • リスニングパート中にリーディング問題を解いたり、問題を見てはいけない

以上の2つはやってしまいがちなので気を付けてください

違反行為は見つかり次第退場させられることがあるみたいなので注意してください。

他の事項も知りたい方は公式サイトからどうぞ→ TOEIC公式サイト 禁止事項

その他の注意事項

服装・・・自由

トイレ・・・試験が始まったら不可

遅刻・・・受験できない (事前によーく試験会場までの道をチェックしておいてください)

携帯・・・電源off

飲食・・・禁止

最後に

初めて受験される方は、試験のできなさに挫折される方が多いと聞きます。実は僕も初めて受験した時はボロボロでした。ですがみんな最初は同じようなものなので、絶対にそこで「やーめた」となるのではなく「まあ最初だからこんなもんだろ」ぐらいの精神でいてください。勉強すれば必ずスコアは上がっていきますので絶対に諦めるということだけはしないでください。TOEICで高得点をとって人生を変えましょう!!

ではでは今日はこの辺で

何か質問等あればコメントください!ただ挨拶して頂けるだけでもとても励みになりますのでよろしくお願いいたします。

bye:)


↓この記事がお役に立ちましたらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。