TOEICの勉強 何をどんな順番でやればいいか

どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

今日はTOEICの勉強において、何を、どんな順番でやればいいかについて書きたいと思います。

まず、英語学習において

「慣れ」を重視して勉強を行った方が効率が良い時期と、「暗記」を重視して勉強を行った方が効率が良い時期の2つがあります。

それはどんな時期かというと、

「慣れ」を重視した方がよい時期と、「暗記」を重視した方がよい時期

「慣れ」を重視する時期は中、上級者、「暗記」を重視する時期は初級者の時期です。

そして、

「慣れ」を重視した勉強 = 問題集、多読、多聴、会話など

「暗記」を重視した勉強 = 文法の暗記、単語の暗記、英文の暗記

です。

※多読とはできるだけ多くの英語本を読むことです。このとき、分からない単語があれば辞書で確認などせず、飛ばして読み進めます。文の理解度よりも、たくさんの単語や表現に触れることを目的としています。

たとえば、TOEIC300点の人がTOEIC500点を目指すならばTOEIC500点相当の文法知識と英単語をまず暗記しない限り、問題集を解いても効率が悪いです。

その理由は…

英語初心者がまず「暗記」を優先させるべき理由

例えばですけど、

問題を解いている時に、文法と英単語の知識不足で分からない問題があるとします。するとその都度、日本語解答を見て確認し、脳にインプットする為にその場で暗記するという作業が必要になると思います。

しかしこのとき、文法と英単語の知識がTOEIC500点レベルからかけ離れていては、分からない問題が頻繁に出てくるので、この確認、暗記の作業を何回も何回もしないといけなくなると思います。

問題集とは「慣れ」のための勉強法だといいました。しかし問題を解くたびに、文法や単語の暗記をやっていては、慣れのための勉強が暗記の為の勉強に変わってしまいます。

それなら先に文法や単語を集中的に覚えた方がいいですよね。

問題集は、繰り返したくさんの問題を解くことで、様々なパターンに瞬時に対応できるようになるためのものです。要するに、ただの知識だったものを、TOEICテストで実用できるレベルに変えていくイメージですね。

これによってTOEICのスピードに着いていけるようになるわけです。

これが

「慣れ」を重視する時期は中上級者、「暗記」を重視する時期は初級者

と僕が考える理由です。

 じゃあ、今の自分のレベルを判断するにはどうすればいいの

今の自分のレベルが上級者なのか初級者なのかを判断するには

「目標」「理解度」

の2つの指標が必要です。

例えばTOEIC700点という目標を建てます。

そうすれば、TOEIC700点レベルの問題集をどの程度理解できるか確認することで、自分の現在のレベルを知ることができます。あなたがTOEIC700点レベルの問題集が全く解けないなら、現在のあなたのレベルは、TOEIC700点という目標の下では初級レベルです。現在目指せTOEIC○○点といった本は数多く出版されているので、立ち読みして自分がどのレベルにいるのかを、ある程度でいいので把握した方がいいです。

そして自分のレベルから遠すぎない目標を立てて、初級レベルから勉強していきましょう。

例えばTOEIC500の本を読んで、「文法的には理解できる問題が多いけど、単語は分からないものが多いな」と感じるのでしたら、500点レベルの単語帳を買ってきて、暗記していきましょう。そうすることで、着実に、効率的に自分の英語レベルを上げていくことができます。

では文章が多くなってしまったので、今日はこの辺で

See ya:)


↓この記事がお役に立ちましたらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。