どんな勉強法よりも重視してほしい勉強法が、僕にはあるんです!! ~あれっ、いつの間にTOEIC700点⑥~

どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 1

今日は英語学習者の方の人生を変えるといっても過言ではないレベルのお話をしたいと思います。

僕が思う、今まで紹介したどんな勉強法よりも重視してほしい英語学習法です。

皆さん、英語能力の発達において、絶対に避けては通れないことがあるのをご存知でしょうか。

それは、「日常的に英語を使う」ということです。

これをしない限りある一定のレベルから先に進めなくなってしまうのです。

それは参考書を使った勉強だけでは到達できないレベルです。(とんでもない時間をかければ可能かも)

具体的に言うと、

英語を英語のまま理解することができるというレベル、

もしくは、何か英語で会話したいときに、頭の中で日本語を英語変換して話すのではなく、英語のまま考え話すことができると言うレベルです。

これができるようになると、ようやく英会話のスピードについていけるようになります。

そしてもちろんTOEICのスピードにもついていけるようになるでしょう。


では「日常的に英語を使う」機会を得るためにはどうすればいいのか…

それは、

「外国人の友達を作る」

コレ1択です!!!!

ネイティブと話すことがどれほど英語能力に影響を与えるのか、みなさん既にご存知のはずです。

帰国子女の方は高い割合で、英語での日常会話ができますよね。

海外留学した芸能人なんかも、多くの方が英語を話せるようになっています。

あの人たちは、ただ留学したから話せるようになったわけではありません。

英語を話す知り合いを作り、日常生活で英語を使う機会を自ら作ったから、話せるようになったのです。

英語学習者の中には、「今は参考書を使った勉強をに専念して、将来的にネイティブとコンタクトをとる練習に力をいれよう」と考える人が多くいます。

かつての僕がそうでした。

ですが、じゃあどのレベルになったら始めるのか、どのようにしてネイティブとコンタクトをとるのか

分からないことだらけですね。

分からないということは不安につながります。

不安な物事は、実行するのが億劫になります。

そして結局先延ばしにしてしまうのです。

そのせいで僕は人生の貴重な1年くらいを無駄にしたと今は感じています。

なぜなら、参考書をやりつづけるよりも、日常的に英語を使った方がはるかに英語の成長スピードが速かったからです。

早い段階でネイティブの友達を作っていたら、TOEICでも、もっと短い期間で700点を突破できていたと思います。

みなさんは僕のように、無駄な時間を使わずに急成長していってほしいと思っています。


じゃあいつから外国人とコミュニケーションをとり始めればいいの?

ですので、今ここで、どんなレベルまで来ればネイティブとコンタクトをとればよいか、僕の経験上から言わせてもらいます。

それは

「今すぐ作ってください!!!!」

このサイトで説明した順を追っていけば、現在のみなさんはTOEIC700点をとるための、参考書を使った学習は、すでに終えているかと思います。

もう知識面とTOEIC問題慣れは、充分なレベルに達しています。

これより早く友達を作ってしまうと、勉強の妨げになる確率が非常に高いので(話すのは楽しいから)

がネイティブの友達をつくるのにベストな時期なんです!!


じゃあどうやって外国人の友達を作ればいいの?

「外国人の友達を作る」といいましたが、大層なことは考えなくてもいいです。

町で外国人の友達を見つけて、一緒に飲みに行ったり、遊んだり…

何てことはしなくてもいいのです。(できれば1番いいのですが)

じゃあ何をすればいいか…

「インターネット上の友達をつくるだけで十分です!!」

実際に僕はこの方法によって、英語力が飛躍的に伸び、日常会話もできるようになりました!!

「毎日楽しく外国人とオンラインでチャットする」

これだけで、ビックリするぐらい英語力が伸びました。

話していると、次第にskypeしたり、LINEを持っている人とはIDを交換したりして

チャットだけでなく電話をする友達も何人かできました。

実際に遊ぶ友達も作ることができました。

僕は人見知りな方なので、最初のころは何話していいんだろうとか、いろいろ悩んでたんですけど、

何人もの人とチャットしていくうちに、気軽に話せるようになっていきました。

こんなに簡単にネイティブの友達が作れて、こんなに英語を話すことに自信がつくとは思ってもみませんでした。

ぜひ皆さんにも実践して頂き、短期間の内にTOEICで高得点をとっていただきたいと思います


外国人とコミュニケーションをとるようになって変わったこと

・よく使う、聞く表現は、日本語を介さずとも自然に理解できるようになった。

・勉強ではよく理解できなかった言葉がシチュエーションを通して理解できるようになった

・自分が英会話でよく使う言葉の地盤が固まってきた

今すぐ思いつくのはこんな感じです。

よく使う、聞く表現は~ というのは、

例えば「最近よくランニングしてるんだよねー」と言いたいときに、

いちいち「時制は何だっけ?」みたいに考えなくても

I’ve been runnning^^

という風に自然に英語が出てくるんですね。

そうするとTOEICのリスニングでも、時制を瞬時に理解できるので、詳細な内容をイメージしやすく、得点アップにつながります。

これは時制に限った話ではなく、すべての文法、単語、熟語にも当てはまります。

この「日本を介さずに理解できるもののストックが増える」ということが、英語学習において最も大事な事だと分かりました。←ここ重要

↓も、これにあてはまります。

勉強ではよく理解できなかった~ というのは、

例えば「so far」(今までは) という熟語があるのですが、意味は記憶してても、いまいちパッとしてなかったんですよね。ただ意味は分かるだけって感じで..

so far って、ものすごく遠くって意味ともとれるので、「今までは」という意味でのイメージが全くわかなかったんです。

ですが普通に会話してると、「今まではそこで働いてたんだけど」「今まではそこに住んでたんだけど」

みたいに「今までは」って頻繁に使うんですよ。

それで向こうの人も頻繁にso farをつかってくるので、その会話のシチュエーションと一緒にso far が頭に刻み込まれ、今ではあたりまえのようにイメージできるようになりました。

英語で会話をするようになると、こんなことが頻繁に起こります。

自分が英会話でよく使う言葉の地盤が固まってきたというのは、

最初は何を話せばいいんだろうとか、どういう風に会話の流れを持っていけばいいんだろうとか無駄に悩むんですよね

ですがいろんな人と話していくうちに大体最初はこんな話をして、次は…みたいなパターンができてきます。

そうするとその時に自分が使う表現も何となくパターン化されてきます。

こうやって自分の英会話の基盤みたいなものが出来上がっていき、会話に対する不安もなくなっていきます。

そして気がつくと外国人と話すことにも抵抗がなくなっていきます。

以上3つの外国人とコミュニケーションをとるようになって変わったことを挙げましたが

これは僕が体感したものの中でオリジナリティのある3つを挙げたつもりです。

他のサイトでも言われているようなことを挙げるとしたら、

・リスニングで聞き取れる箇所が圧倒的に増えた

・リーディングも以前に比べ高速で読めるようになった

・外国人とコミュニケーションをとることに抵抗が全くなくなった

の3つが挙げられます。


最後に!!

TOEICで短期で結果を出したい方、この「外国人の友達を作る」というステップは絶対に行ってください!!

この英語学習法は、僕が英語を学習するすべての人に、1番伝えたいNo,1学習法です

そして+αとして、

この方法で身につけた英語力は、もはやTOEICという領域を超えて

本当の英語能力に直結するものです。

TOEIC学習をしている人の多くは、就職や現在職場でTOEIC高得点が求められているからでしょう。

しかし、真に求められているのは点数ではなく、スコアに見合った英語力です。

TOEICで800点が取れる人でも英会話ができないと言う人はたくさんいます

そんな中で英会話もできるようになり、TOEICのスコアも飛躍的にアップさせることができる勉強法がすぐ目の前にあるのです!

やらないわけにはいかないでしょう!

それでは今日はこの辺にして

次回は僕が使用しているオンラインサイトを紹介します。

ではでは

glhf 😀


↓この記事がお役に立ちましたらポチッとお願いします ↓
にほんブログ村 英語ブログ TOEICへ
にほんブログ村


どんどんシェアしてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。